ゼネラリ・オープン ダニエル太郎 2,3回戦結果

タイトル下



「ゼネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビューエル/7月30日~8月4日/クレーコート)男子シングルス2回戦で、世界ランキング81位のダニエル太郎が90位のラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。

ダニエル太朗の今大会のシングルス1回戦結果。

ゼネラリ・オープン ダニエル太郎 1回戦結果

ダニエル太郎、プロフィール

国籍 日本

出身地 アメリカ・ニューヨーク

生年月日 1993年1月27日

年齢 25歳

身長 / 体重 190cm / 76kg

利き腕 / バックハンド 右 / 両手

プロ転向 2010年

“大型新人” ダニエル太郎のすべて

ラスロ・ジェレ、プロフィール

国籍 セルビア

生年月日 1995年6月2日

年齢 23歳

身長 / 体重 185cm / 80kg

利き腕 / バックハンド 右 / 両手

プロ転向 2013年

対戦成績

ダニエル太郎の1勝0敗。

初対戦は、2015年10月にバレンシア(ATP250/室内ハードコート)の予選で、ジェレの第2セット途中棄権でダニエルが勝利。

第1セット

ダニエル太郎のサービスで試合がスタート。

ダニエルの2-1でむかえた第4ゲームでダニエルがブレークに成功。

3-1。

そのままサービスをキープして6-3でこのセットを先取。

第2セット

第2セットもダニエルの勢いは変わらず、第5、第7ゲームでブレークに成功し、このセットを6-2で取りセットカウント2-0でダニエルが圧倒しベスト8進出!

試合結果

6-3、6-2のストレートでダニエル太郎は2回戦勝利しベスト8進出。

試合時間は1時間28分。

2回戦に勝利したダニエル太郎は準々決勝で、ジャウメ・ムナール(スペイン)と対戦する。

ムナールは2回戦で、第4シードのロビン・ハーセ(オランダ)を7-6(5)、6-4で下しての勝ち上がり。

この勝利でダニエル太郎は2週連続のベスト8進出!

前週の大会結果は、

スイス・オープン ダニエル太郎 準々決勝結果

ジェネラリ・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで行われる。

【上位出場選手シード順位|シングルス】

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]

フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)[2]

フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)[3]

ロビン・ハーセ(オランダ)[4]

となっている。

準々決勝結果

ダニエルは準々決勝で88位のジャウメ・ムナール(スペイン)と対戦。

対戦成績は、ダニエルの1勝0敗。昨年2017年4月にバルセロナ(ATP500/クレーコート)の予選で対戦して、ダニエルが6-2 6-1で勝利。

試合結果は、6(3)-7、3-6のストレートで敗退。試合時間は2時間。

第1セットリードしながらタイブレークで落とし、そのまま敗れてしまった。

ダニエルは得意のクレーコートで2週連続のベスト8に進出し、全米オープンを前にランキングを上昇させた。 ダニエルに勝った

ムナールは準決勝で、第8シードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)とマルティン・クーリザン(スロバキア)の勝者と対戦する。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする