フィギュアスケートのデニス・テン(25)さんが暴漢に襲われ死去

タイトル下



フィギュアスケート男子の14年ソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさん(25)=カザフスタン=が19日、母国のアルマトイ市内で暴漢2人と争い刺殺されたと、報じられた。

テンさんはアルマトイ市内で9日午後3時ごろ、車のミラーを盗もうとしていた2人に右大腿部などを刺されたという。その後、救急車で運ばれたが、出血がひどく重篤な状態に陥っていた。

羽生結弦らが所属するチームクリケットとは声明で、

「私たちはデニス・テンの突然な悲劇的なニュースに悲しんでいる。スケートコミュニティーは美しいスケーターを失った。私たちの思いは彼の家族と一緒です。君の情熱は生きていくだろう。結弦(羽生)、ジェイソン、ハビエル、ガブリエル(デールマン)、エフゲニア(メドベージェワ)、チームクリケット一同」

その他フィギュアスケート選手はSNSで哀悼を表明

織田信成さん

安藤美姫さん

村上佳菜子選手

荒川静香さん



デニス・テン、プロフィール

代表国: カザフスタン
生年月日: 1993年6月13日
没年月日: 2018年7月19日(25歳没)
出生地: アルマトイ
身長: 168 cm
体重: 60 kg

コーチ: フランク・キャロル、ニコライ・モロゾフ

2014年ソチオリンピック銅メダル。2010年バンクーバーオリンピックカザフスタン代表。2013年世界選手権2位。2015年四大陸選手権優勝。

14年ソチ五輪ではSP9位からフリーで圧巻の演技を見せ、羽生結弦、パトリック・チャンに次ぐ銅メダルを獲得。カザフスタンにフィギュアスケートで初めてメダルをもたらした。

カザフスタンでは英雄的存在。

デニス・テンは以前、16年のフィギュアスケート世界選手権の公式練習中に羽生結弦がSPの曲をかけて練習中に、進路に入り問題になる場面があった。

通常曲をかけた練習では、周りの選手は進路を譲るのが礼儀なのだが、テンがリンク中央でスピンを続け、羽生の進路を妨害する形となった。

羽生はそれに対して「それはねえだろ、お前!」と声を荒げ、軌道を変更したが、その後のトリプルアクセルで転倒、右手で壁を叩いて怒りを露わにするとういことがあった。

カザフスタンでは国を挙げてテンさんの死を悼んでいる。

先ほどのニュースでは容疑者2人の内、一人1994年生まれのヌラリ・キヤソフ容疑者を逮捕したと報道。もう一人現在捜索中。

数々のスケート選手に影響を与えていたデニス・テンさん。25歳という若さで亡くなるのは悔やまれます。ご冥福をお祈りします。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする