球団別 2018年プロ野球ドラフト結果一覧

タイトル下



本日の25日に「プロ野球ドラフト会議」がグランドプリンスホテル新高輪で行われた。

今年甲子園を沸かせた球児の進路はどうなったのか?気になる指名結果を球団別にまとめてみた。



ドラフト球団別結果

セ・リーグ

巨人

◆支配下
1位 高橋 優貴(八戸学院大)投手
2位 増田 陸(明秀日立高)内野手
3位 直江 大輔(松商学園高)投手
4位 横川 凱(大阪桐蔭高)投手
5位 松井 義弥(折尾愛真高)内野手
6位 戸郷 翔征(聖心ウルスラ高)投手

◆育成
1位 山下 航汰(健大高崎高)内野手
2位 平井 快晴(岐阜第一高)投手
3位 沼田 翔平(旭川大高)投手
4位 黒田 響生(敦賀気比高)内野手

中日

◆支配下
1位 根尾 昂(大阪桐蔭高)内野手
2位 梅津 晃大(東洋大)投手
3位 勝野 昌慶(三菱重工名古屋)投手
4位 石橋 康太(関東一高)捕手
5位 垣越 建伸(山梨学院高)投手
6位 滝野 要(大阪商業大)外野手

育成枠 選択なし

ヤクルト

◆支配下
1位 清水 昇(国学院大)投手
2位 中山 翔太(法政大)内野手
3位 市川 悠太(明徳義塾高)投手
4位 濱田 太貴(明豊高)外野手
5位 坂本 光士郎(新日鐵住金広畑)投手
6位 鈴木 裕太(日本文理高)投手
7位 久保 拓眞(九州共立大)投手
8位 吉田 大成(明治安田生命)内野手

◆育成
1位 内山 太嗣(栃木ゴールデンブレーブス)捕手
2位 松本 友(福井ミラクルエレファンツ)内野手

広島

◆支配下
1位 小園 海斗(報徳学園高)内野手
2位 島内 颯太郎(九州共立大)投手
3位 林 晃汰(智弁和歌山高)内野手
4位 中神 拓都(市岐阜商高)投手
5位 田中 法彦(菰野高)投手
6位 正隨 優弥(亜細亜大)外野手
7位 羽月 隆太郎(神村学園高)内野手

◆育成
1位 大盛 穂(静岡産業大)外野手

阪神

◆支配下
1位 近本 光司(大阪ガス)投手
2位 小幡 竜平(延岡学園高)内野手
3位 木浪 聖也(ホンダ)内野手
4位 齋藤 友貴哉(ホンダ)投手
5位 川原 陸(創成館高)投手
6位 湯浅 京己(富山GRNサンダーバーズ)投手

◆育成
1位 片山 雄哉(福井ミラクルエレファンツ)捕手

DeNA

◆支配下
1位 上茶谷 大河(東洋大)投手
2位 伊藤 裕季也(立正大)内野手
3位 大貫 晋一(新日鐵住金鹿島)投手
4位 勝又 温史(日大鶴ケ丘高)投手
5位 益子 京右(青藍泰斗高)捕手
6位 知野 直人(新潟アルビレックスBC)内野手

◆育成
1位 宮城 滝太(滋賀学園高)投手

パ・リーグ

ソフトバンク

◆支配下
1位 甲斐野 央(東洋大)投手
2位 杉山 一樹(三菱重工広島)投手
3位 野村 大樹(早稲田実)捕手
4位 板東 湧梧(JR東日本)投手
5位 水谷 瞬(石見智翠館高)外野手
6位 泉 圭輔(金沢星稜大)投手
7位 奥村 政稔(三菱日立パワーシステムズ)投手

◆育成
1位 渡邉 陸(神村学園高)捕手
2位 岡本 直也(東京農業大北海道オホーツク)投手
3位 重田 倫明(国士舘大)投手
4位 中村 宜聖(西日本短大付高)外野手

西武

支配下
1位 松本 航(日本体育大)投手
2位 渡邉 勇太朗(浦和学院高)投手
3位 山野辺 翔(三菱自動車岡崎)内野手
4位 粟津 凱士(東日本国際大)投手
5位 牧野 翔矢(遊学館高)捕手
6位 森脇 亮介(セガサミー)投手
7位 佐藤 龍世(富士大)内野手

◆育成
1位 東野 葵(日本経済大)投手
2位 大窪 士夢(北海高)投手
3位 中熊 大智(徳山大)捕手

日本ハム

◆支配下
1位 吉田 輝星(金足農高)投手
2位 野村 佑希(花咲徳栄高)外野手
3位 生田目 翼(日本通運)投手
4位 万波 中正(横浜高)外野手
5位 柿木 蓮(大阪桐蔭高)投手
6位 田宮 裕涼(成田高)捕手
7位 福田 俊(星槎道都大)投手

◆育成
1位 海老原 一佳(富山GRNサンダーバーズ)外野手

ロッテ

◆支配下
1位 藤原 恭大(大阪桐蔭高)外野手
2位 東妻 勇輔(日本体育大)投手
3位 小島 和哉(早稲田大)投手
4位 山口 航輝(明桜高)投手
5位 中村 稔弥(亜細亜大)投手
6位 古谷 拓郎(習志野高)投手
7位 松田 進(ホンダ)内野手
8位 土居 豪人(松山聖稜高)投手

◆育成
1位 鎌田 光津希(徳島インディゴソックス)投手

オリックス

◆支配下
1位 太田 椋(天理高)内野手
2位 頓宮 裕真(亜細亜大)捕手
3位 荒西 祐大(ホンダ熊本)投手
4位 富山 凌雅(トヨタ自動車)投手
5位 宜保 翔(未来沖縄高)投手
6位 左澤 優(JX-ENEOS)投手
7位 中川 圭太(東洋大)内野手

◆育成
1位 漆原 大晟(新潟医療福祉大)投手

楽天

◆支配下
1位 辰己 涼介(立命館大)外野手
2位 太田 光(大阪商業大)捕手
3位 引地 秀一郎(倉敷商高)投手
4位 弓削 隼人(SUBARU)投手
5位 佐藤 智輝(山形中央高)投手
6位 渡辺 佳明(明治大)内野手
7位 小郷 裕哉(立正大)外野手
8位 鈴木 翔天(富士大)投手

◆育成
1位 清宮 虎多朗(八千代松蔭高)投手
2位 則本 佳樹(山岸ロジスターズ)投手

日本ハムは1巡目で大阪桐蔭・根尾昂内野手を指名。抽選は外れたが、吉田の交渉権を獲得。2巡目では花咲徳栄・野村佑希投手を指名、3巡目で日本通運・生田目翼投手、4巡目では横浜・万波中正外野手の交渉権もゲット、さらに5巡目では大阪桐蔭の柿木蓮投手も指名し、充実のドラフトとなった。

注目された吉田は、どの球団もけん制してか日本ハムがハズレ1位。

大阪桐蔭高の史上初となる2度目の甲子園春夏連覇に投手、野手の「二刀流」で貢献した根尾昂は、4球団競合の末、中日が交渉権を獲得した。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする