伊藤竜馬が「全日本テニス選手権93rd」2018で優勝!

タイトル下



「全日本テニス選手権93rd」

93回目をむかえた全日本テニス選手権が10月27日~11月4日にかけて、大阪の靱テニスセンターで開催された。

全日本テニス選手権2018  開催は靱テニスセンター「詳細」

おもな出場選手は

伊藤 竜馬 北日本物産 4

徳田 廉大 プロ・フリー 10

越智 真 江崎グリコ 13

清水 悠太 三菱電機 14

今井 慎太郎 イカイ 17

田沼 諒太 ワールド航空サービス 18

上杉 海斗 江崎グリコ 19

関口 周一 Team REC 20

福田 創楽 イカイ 21

斉藤 貴史 橋本総業ホールディングス 22

望月 勇希 中央大学 23

山﨑 純平 日清紡ホールディングス 24

仁木 拓人 三菱電機 25

竹内 研人 北日本物産 26

吉備 雄也 ノア・インドアステージ 27

羽澤 慎治 慶應義塾大学 28

菊池 玄吾 福井県スポーツ協会 29

守谷 総一郎 Team REC 30

横の数字はランキング。

決勝では、第1シードの伊藤竜馬(北日本物産)が第2シードの徳田廉大との対戦となった。

伊藤竜馬、プロフィール

国籍 日本

出身国/居住国 日本(三重県)/日本

生年月日 1988年5月18日

年齢 30歳

利き腕 右利き(バックハンド両手打ち)

身長 180 cm
体重 75 kg

プロ転向 2006年

“ドラゴンショット” 伊藤竜馬について

伊藤は4年ぶりに出場した去年2017年の全日本テニス選手権では、準々決勝で江原弘泰(日清紡ホールディングス)に4-6、4-6で敗退していた。

試合結果

2回戦、竹島駿朗(Team REC)戦

伊藤竜馬はシードのため商戦となった2回戦では、予選を勝ち上がった28歳の竹島駿朗を6-1、6-0と寄せ付けず3回戦進出。

3回戦、片山翔(伊予銀行)戦

フォアハンドの強打が持ち味の片山翔との対戦でも6-1、6-3とストレートで勝利し、準々決勝へ。

準々決勝、田沼諒太(ワールド航空サービス)戦

今大会初のシードとの対戦となった第6シードで23歳の田沼諒太と対戦。 ここでも伊藤が力を見せつけ6-1、6-3とストレートで快勝。準決勝へ。

準決勝、関口周一(Team REC)戦

準決勝では第8シードの関口周一と対戦。関口周一は3年連続のベスト4進出。

接戦になったが伊藤が6-4、6-3で勝利。

伊藤はこの勝利で5度目の決勝進出。

決勝、徳田廉大(フリー)戦

決勝はトップシード同士の対決となった。

徳田廉大は準決勝で第7シードの上杉海斗(江崎グリコ)を7-6(3) 6-4のストレートで下しての決勝進出。

試合は、2-3でむかえた第6ゲームで徳田がブレークバックに成功して3-3と追いつく。

しかしここから伊藤が「ゾーンに入った」という通り、1ゲームも与えず6-3、6-0のストレートで快勝し、2013年以来5年ぶり2度目の優勝を飾った。

伊藤は全試合ストレート勝ちで力を示した。

優勝した伊藤はコメントで、

「しっかりと集中できた。大会を通じて決勝のプレーが一番よかったと思う」

「エントリーした時点で優勝しかないと思っていた。全日本とか関係なく、ひとつの大会として入り込むことができた」

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする