マクラクラン勉 楽天ジャパンオープン2連覇達成!

タイトル下



男子テニスの楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス 2018(日本/東京、ハード、ATP500)のダブルス決勝で、第4シードのマクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)が第3シードのレイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)と対戦。

マクラクラン勉は前週の「深セン・オープン」でも優勝。

マクラクラン勉「深セン・オープン」ダブルス優勝でツアー2勝目

マクラクラン勉、プロフィール

国籍 日本

出身地 ニュージーランド・クイーンズタウン

居住地 ニュージーランド

生年月日 1992年5月10日

年齢 26歳

身長 / 体重 185cm / 78kg

利き腕 / バックハンド 右 / 片手

プロ転向 2014年

日本ダブルスの救世主 マクラクラン勉とは?

ストルフとマクラクランは、今季11回目のダブルス出場。

1月の全豪・オープンと3月のマイアミ(ATP1000/ハードコート)では、ベスト4に進出。

1回戦

フリオ・ペラルタ(チリ)/ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)組を7-6(4)、7-5のストレートで勝利。

準々決勝

チョン・ヒョン(韓国)/マシュー・エブデン(オーストラリア)組を6-4、6-4のストレートで勝利。

準決勝

ロビン・ハッサ/マットヴェ・ミドルコープ(オランダ)組を6-1、6-4のストレートで勝利。

同ペアとして初のツアー決勝に進出。

決勝

決勝では見事、6-4、7-5のストレートで勝利して昨年内山靖崇と組んで優勝した以来の2連覇を達成したと同時に、ツアー2週連続優勝を成し遂げた。

マクラクラン勉はツアー通算3勝目。

試合時間は1時間22分。

ペアを組んだ28歳のストルフは単複を通して初のツアー優勝となった。

ストルフは試合後のインタビューで

「日本で君とプレーできて特別な大会だった」 「愛してまーす!」

とコメント。

マクラクラン勉は、

「優勝できて夢みたいにうれしい。これからも頑張ります」

この優勝で現在世界ダブルスランキング20位のマクラクラン勉は、大きくランキングを上げる見込み。

今年ベスト4に進出した全豪オープンだが、来年の全豪オープンに向けて弾みをつけた。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする