松田瑞生(24)がMGCのマラソンで好記録!タイムや五輪は?

タイトル下



26日に行われた大阪国際女子マラソン。

東京オリンピック代表の最後の1枠を懸けた選考レース3戦の中の2戦目。

松田瑞生(24)=ダイハツ=が日本歴代6位となる2時間21分47秒の好タイムで2年ぶり2度目の優勝を飾った。この記録は、日本陸連の設定記録(2時間22分22秒)を破り、代表入りに前進した。



松田瑞生(24)がMGCのマラソンで好記録!タイムや五輪は?

松田 瑞生(まつだ みずき)

大阪府大阪市住吉区出身で1995年5月31日生まれの24歳。

大阪薫英女学院高校時代には3年連続で全国高校駅伝に出場した。

高校卒業後はダイハツに所属し、当初は10000mに力を注いでいた。

2018年1月の22歳の大阪国際女子マラソンで、フルマラソンデビューし、初マラソンで優勝していた。記録は、2時間22分44秒。

昨年行われたMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)では優勝候補と言われながら4位で悔し涙をみせた。

そこで松田は引退も考えたが、母の明美さん(54)から「辞めるんやったら、とことん潰れたらええねん。日本記録を狙いなさい」

この言葉で覚悟を決め、 「これでダメだったらやめようというくらい、練習を積みました」

昨年2019年12月上旬から約1カ月半、米アルバカーキの標高約1500メートルの高地で強化合宿を行った。

好記録への奨励金として松田は、日本実業団陸上競技連合から1000万円を贈られた。

日本女子マラソン記録

1 野口みずき(グローバリー) 2:19:12 ベルリン 2005年09月25日

2 渋井陽子(三井住友海上) 2:19:41 ベルリン 2004年09月26日

3 高橋尚子(積水化学) 2:19:46 ベルリン 2001年09月30日

4 安藤友香(スズキ浜松AC) 2:21:36 名古屋ウィメンズ 2017年03月12日

5 千葉真子(豊田自動織機) 2:21:45 大阪国際女子 2003年01月26日

6 松田瑞生(ダイハツ) 2:21:47 大阪国際女子 2020年01月26日

みんなの声

ずっとテレビで観てましたが、実に見ごたえのあるレースでした。
優勝した松田さん、素晴らしかったです。

スタジアムに入るところで係員と接触しそうなところが中継で見たが、接触して転倒でもしたらどうしたのだろうかと思った。

スタートからダッシュを決めて中間以降どうだろうと思ってたら
ほんとに2時間22分切っちゃった。
松田さん優勝おめでとうございます。

松田選手、レース後に疲れを見せず、明るくインタビューに答えていて、すごく好感が持てた。
3人目の日本代表は彼女しかいない。応援するぞ!

最初かなり速いペースではいったから最後までもたないかと思いましたが…見事でしたね。
あと松田さん、いいキャラですね。
優勝おめでとうございます!!

 
 
 
 
関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする