ロス・カボスオープン 西岡良仁 2,3回戦結果

タイトル下



アビエルト・デ・テニス・ミフェル(メキシコ/ロス・カボス、ハード、ATP250)の2回戦で、世界ランキング247位の西岡良仁と65位で第7シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)が対戦。

西岡は今大会、ケガ前のプロテクト・ランキングを使用しての大会参加。

西岡良仁の今大会1回戦の結果。

ロス・カボスオープン 西岡良仁 1回戦結果

西岡良仁、プロフィール

国籍 日本

出身地 三重県津市

生年月日 1995年9月27日

年齢 22歳

身長 / 体重 171cm / 63kg

利き腕 / バックハンド 左 / 両手

プロ転向 2014年

“ファイター” 西岡 良仁の解体新書

テイラー・フリッツ、プロフィール

国籍 アメリカ

出身地/居住地 アメリカ・カリフォルニア・ランチョ サンタ フェ

生年月日 1997年10月28日

年齢 20歳

身長 / 体重
193cm / 84kg

利き腕 / バックハンド 右 / 両手

プロ転向 2015年

テイラー・フリッツ アメリカテニス期待の若手

対戦成績

西岡良仁とテイラー・フリッツは今回が初の対戦。

第1セット

フリッツのサービスで試合がスタート。

第4ゲームでフリッツが先にブレークするが、西岡も第9ゲームでブレークしブレークバック。タイブレークへ。

タイブレークでは西岡が7-3で取り、7-6でこのセットを西岡が先取。

第2セット

第2セットはフリッツに第3ゲームで1ブレーク許すが、第2、第4、第6ゲームを西岡がブレークして、6-1でこのセットを取り試合終了。

試合結果

7-6(3) 6-1のストレートで勝利し西岡は2回戦突破しベスト8進出。

試合時間は1時間26分。

西岡は去年2017年3月のアカプルコ(ATP500/ハードコート)以来、自身5度目となるツアーベスト8!

勝った西岡は準々決勝で、第2シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)とカンタン・アリス(フランス)の勝者と対戦予定。

アビエルト・メキシカーノ・デ・テニス・ミフェルはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで行われる。

アビエルト・メキシカーノ・デ・テニス・ミフェルの上位シードは以下

第1シードはJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)

第2シードはF・フォニーニ(イタリア)

第3シードはD・ズムル(ボスニア)

第4シードはA・マナリノ(フランス)

第5シードはS・クエリー(アメリカ)

第6シードはR・ハリソン(アメリカ)

第7シードはT・フリッツ(アメリカ)

第8シードはF・ロペス(スペイン)

となっている。

準々決勝結果 

第2シードで15位のファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦。

西岡とフォニーニは、今回が初対戦。

結果は2-6、2-6のストレートで敗戦。試合時間は57分だった。

この試合西岡は一度もブレーク出来ずに敗れたが、久しぶりのベスト8で全米オープンに弾みをつけてほしい。

フォニーニは準決勝で、第4シードのアドリアン・マナリノ(フランス)とキャメロン・ノリー(イギリス)の勝者と対戦。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする