アンタルヤ・オープン 杉田祐一 2回戦結果

タイトル下



去年の2017年このアンタルヤ・オープンでツアー初優勝した杉田祐一。ディフェンディングチャンピオンとして大会に臨む。

男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ(トルコ・アンタルヤ 芝コート)男子シングルス2回戦で、世界ランキング45位で第7シードの杉田祐一は、世界75位のピエール ユーグ・エルベール(フランス)と対戦。

杉田の1回戦の勝ち上がりは、

アンタルヤ・オープン 杉田祐一 1回戦突破

ウインブル前の最終調整の試合に臨む。

杉田祐一プロフィール

国籍 日本

出身国/居住国 日本(宮城県)/日本

生年月日 1988年9月18日

利き腕 右利き(バックハンド両手打ち)

身長 174 cm
体重 66 kg

“サムライ” 杉田祐一について

ピエール ユーグ・エルベール、プロフィール

国籍 フランス

出身地 フランス・シルティカイム

居住地 フランス・ミットアウスベルジャン

生年月日 1991年3月18日

年齢 27歳

身長 / 体重 188cm / 74kg

利き腕 / バックハンド 右 / 両手

プロ転向 2010年

ダブルスのスペシャリストでツアー13勝。15全米と16ウインブルドンで優勝している。

対戦成績

杉田の1勝1敗。

今回が3度目の対戦。

エルベールは1回戦で世界ランク81位のF・デルボニス(アルゼンチン)を破っての勝ち上がり。

第1セット

杉田が第5、第7ゲームでブレークして6-2でセットを先取。

第2セット

杉田が第3ゲームで先にブレイクするが、第4ゲームでブレークバックされる。

2-2。

4-5でむかえた第10ゲームで杉田がサービスをブレークされて、4-6でセットを落としファイナルセットへ。

第3セット

第3セットはお互いサービスキープが続き、タイブレークへ突入。

タイブレークはエルベールにリードされる形で進み、5-7で落としセットカウント6-7で試合終了。

試合結果

6-2, 4-6、6-7のファイナルで杉田が敗れ2回戦敗退。

試合時間は2時間8分。

第1シードは昨年準優勝のA・マナリノ(フランス)、第2シードはD・ズムル(ボスニア)、第3シードはF・ベルダスコ(スペイン)、第4シードはG・モンフィス(フランス)、第5シードはR・ハーセ(オランダ)、第6シードはJ・ソウサ(ポルトガル)、第7シードは杉田、第8シードはD・ラヨビッチ(セルビア)。

杉田の次戦はウインブルドンの本戦からになる。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする