2018年 ウインブルドン女子ダブルス 日本女子結果

タイトル下



 穂積絵莉/加藤未唯

女子ダブルス1回戦で、穂積絵莉/加藤未唯は第1シードのティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦。

4-6 3-6のストレートで敗退。試合時間は55分。

穂積絵莉と加藤未唯はシングルスの予選にも出場していたが、

加藤未唯は、第6シードのキャロライン・ドラハイド(アメリカ)に0-6 6-7で初戦敗退。

2018年ウインブルドン女子 加藤未唯 予選1回戦結果

穂積絵莉は、ベラ・ズボナレワ(ロシア)に2-6 3-6で初戦敗退。

穂積絵莉は先月の全仏オープンで二宮真琴とペアを組み、日本人ペア同士で史上初の準優勝という結果を出していた。

2018年 全仏オープン女子ダブルス 穂積絵莉、二宮真琴組 準優勝

穂積絵莉はマクラクラン勉(日本)とのペアでミックスダブルスに第14シードで出場しており、初戦となる2回戦はマイク・ブライアン/ベサニー・マテック サンズ(ともにアメリカ)とフィリップ・オズバルド(オーストリア)/セニア・ノール(スイス)の勝者と対戦予定。

 二宮真琴/オクサーナ・カラシニコワ

女子ダブルス1回戦で、二宮真琴/オクサーナ・カラシニコワ組は、予選勝者のアリナ・ラディオノワ(オーストラリア)/マリナ・ザネフスカ(ベルギー)と対戦。

4-6 2-6のストレートで敗退。試合時間は1時間6分。

二宮はアンドレス・モルテーニ(アルゼンチン)とのペアでミックスダブルスにも出場しており、初戦の対戦相手はアイサムウルハク・クレシー(パキスタン)/アランチャ・パーラ サントンハ(スペイン)となる。

 青山修子/ジェニファー・ブレイディ

女子ダブルス1回戦で、青山修子/ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)組は、ダリヤ・ユラク(クロアチア)/ワン・チャン(中国)と対戦。

6-2 6-3のストレートで勝利し2回戦進出。試合時間は56分。

2人がペアを組むのは今回が初。

6日に行われる2回戦で青山修子/ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)組は、第6シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)と対戦する。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする