2018年 ウインブルドン 錦織圭 2回戦結果

タイトル下



ウインブルドン男子シングルス2回戦で第24シードで世界ランキング28位の錦織圭とラッキールーザーで184位のB・トミック(オーストラリア)が対戦。

錦織圭のウインブルドン1回戦の結果。

2018年 ウインブルドン 錦織圭 1回戦結果

錦織圭、プロフィール

国籍 日本

出身国/居住国 日本(島根県松江市)/アメリカ・フロリダ州

生年月日 1989年12月29日

身長 178 cm

体重 75 kg

利き腕 右利き(バックハンド両手打ち)

プロ転向 2007年

“日本の宝” 錦織圭 世界ナンバー1へ

ウインブルドンに9年連続10回目の出場となる錦織圭は、過去2度のベスト16(2014年、16年)が最高成績。

去年は3回戦で、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に4-6 6-7(3) 6-3 3-6で敗退。

バーナード・トミック、プロフィール

国籍 オーストラリア

出身国/居住国  ドイツ/モナコ

生年月日 1992年10月21日

年齢 25歳 

身長 / 体重 196cm / 91kg

利き腕 / バックハンド 右 / 両手

プロ転向 2008年

ウインブルドンの最高成績は2011年のベスト8。

対戦成績

錦織圭の2勝2敗。

最後の対戦は2016年のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)3回戦で、錦織はトミックに67 67で敗れている。

芝での対戦は2012年のロンドンオリンピック1回戦で76 76で錦織が勝利。

第1セット

錦織のサービスで試合がスタート。

2-2でむかえた第5ゲームでトミックが錦織のサービスをブレーク。 2-3。 第7ゲームでもサービスをブレークされて錦織がこのセットを2-6で落とす。

第2セット

錦織の4-3でむかえた第8ゲームで錦織がブレークに成功。

そのままこのセットを6-3で取り、セットカウントを1-1のイーブンに。

第3セット

3-3でむかえた第7ゲームで錦織が先にブレークに成功するが、次の第8ゲームでブレークバックされる。

そのままタイブレークへ。

タイブレークでは錦織が9-7で取り、7-6でこのセットを取り、勝利に王手。

第4セット

錦織の6-5でむかえた第12ゲームでトミックのサービスをブレークして7-5でこのセットを取り試合終了。

試合結果

2-6、6-3、7-6、6-2のセットカウント3-1で錦織が2回戦勝利。

試合時間は2時間42分。

錦織は3年連続のウインブルドン3回戦進出。錦織は続く3回戦で、15シードで世界ランキング18位のニック・キリオス(23=豪州)と対戦する。

キリオスは1回戦で42本、2回戦で19本のサービスエースを決めて勝利しており、ビックサーブをどう錦織がリターンするのかがカギとなる。

関連

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする