全豪オープンテニス2020 テレビ放送や日程などの詳細

タイトル下



北半球は冬だが、南半球のオーストラリアでは、真夏になるので毎年猛暑の中行われる全豪オープンテニス。

会場であるメルボルン・パークには開閉式の屋根付き競技場であるロッド・レーバー・アリーナを中心に、マーガレット・コート・アリーナ、ハイセンス・アリーナを含む26面ものコートが整備されている。

シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス、2020年大会では錦織圭、大阪なおみを中心に日本人選手がどこまで勝ち進めるか注目だ!



全豪オープンテニス2020 テレビ放送や日程

日程

2020年1月20日(月)~2月2日(日)

2020年1月20日(月) 

男女シングルス1回戦

2020年1月21日(火) 

男女シングルス1回戦

2020年1月22日(水) 

男女シングルス2回戦

2020年1月23日(木) 

男女シングルス2回戦

2020年1月24日(金) 

男女シングルス3回戦

2020年1月25日(土) 

男女シングルス3回戦

2020年1月26日(日) 

男女シングルス4回戦

2020年1月27日(月) 

男女シングルス4回戦

2020年1月28日(火) 

男女シングルス準々決勝

2020年1月29日(水) 

男女シングルス準々決勝

2020年1月30日(木) 

女子シングルス 準決勝、男子シングルス準決勝

2020年1月31日(金) 

混合ダブルス 準決勝、女子ダブルス 決勝、男子シングルス準決勝

2020年2月1日(土) 

男子ダブルス 決勝、女子シングルス準決勝

2020年2月2日(日) 

混合ダブルス 決勝、男子シングル決勝

ドロー

男子シングルス128ドロー、予選128ドロー

男子ダブルス64ドロー

女子シングルス128ドロー、予選96ドロー

女子ダブルス64ドロー

暑さ対策として「エクストリーム・ヒート・ポリシー」と呼ばれる独自ルールが導入されており、外気温が35度を上回るか、WBGT(湿球黒球温度)が28度を上回った際に、主審が試合開始時間を遅らせることが出来る。条件を満たした場合、3つの開閉式屋根付スタジアムに関しては屋根を閉めて試合が行われる。

サーフェス

1988–2007年からは、リバウンド・エースと言われるボールが弾むことで知られているハードコートで開催されていたが、2008年からはプレクシクッションというハードコートを使用している。

優勝賞金

大会の総額は48億円以上に上る。

優勝賞金は、4億円

男子シングルス部門の優勝者にはノーマン・ブルックス・チャレンジ・カップが、女子シングルス部門の優勝者にはダフネ・アクハースト・メモリアル・カップが、表彰式の際にオーストラリア名物であるコアラのぬいぐるみと共に贈られる。

シード選手

男子シングルス

1 ラファエル・ナダル(スペイン)

2 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

3 ロジャー・フェデラー(スイス)

4 ダニール・メドベージェフ(ロシア)

5 ドミニク・ティーム(オーストリア)

6 ステファノス・チチパス(ギリシャ)

7 アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

8 マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)

9 ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)

10 ガエル・モンフィス(フランス)

11 ダビド・ゴファン(ベルギー)

12 ファビオ・フォニーニ(イタリア)

13 デニス・シャポバロフ(カナダ)

14 ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)

15 スタン・ワウリンカ(スイス)

16 カレン・ハチャノフ(ロシア)

17 アンドレイ・ルブレフ(ロシア)

18 グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

19 ジョン・イズナー(アメリカ)

20 フェリックス ・オジェ アリアシム(カナダ)

21 ブノワ・ぺール(フランス)

22 ギド・ペラ(アルゼンチン)

23 ニック・キリオス(オーストラリア)

24 ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)

25 ボルナ・チョリッチ(クロアチア)

26 ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)

27 パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)

28 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)

29 テイラー・フリッツ(アメリカ)

30 ダニエル・エバンズ(イギリス)

31 ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)

32 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

女子シングルス

1 アシュリー・バーティ(オーストラリア)

2 カロリーナ・プリスコバ(チェコ)

3 大坂なおみ(日本/日清食品)

4 シモナ・ハレプ(ルーマニア)

5 エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)

6 ベリンダ・ベンチッチ(スイス)

7 ペトラ・クビトバ(チェコ)

8 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)

9 キキ・バーテンズ(オランダ)

10 マディソン・キーズ(アメリカ)

11 アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)

12 ジョハナ・コンタ(イギリス)

13 ペトラ・マルティッチ(クロアチア)

14 ソフィア・ケネン(アメリカ)

15 マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)

16 エリース・メルテンス(ベルギー)

17 アンジェリック・ケルバー(ドイツ)

18 アリソン・リスク(アメリカ)

19 ドナ・ベキッチ(クロアチア)

20 カロリーナ・ムチョバ(チェコ)

21 アマンダ・アニシモワ(アメリカ)

22 マリア・サカーリ(ギリシャ)

23 デヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)

24 スローン・スティーブンス(アメリカ)

25 エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)

26 ダニエル・コリンズ(アメリカ)

27 ワン・チャン(中国)

28 アネット・コンタベイト(エストニア)

29 エレナ・リバキナ(カザフスタン)

30 アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)

31 アナスタシア・セバストワ(ラトビア)

32 バーボラ・ストリコバ(チェコ)

テレビ放送

放送は、WOWOWが独占放送。

WOWOW_新規申込

WOWOW

地上波での放送は、NHKが放映権を獲得を獲得していて基本はミッドナイトチャンネル枠での録画中継となるが、錦織圭など日本人注目選手が出場する場合、生中継を実施している。

日本人選手の活躍次第では、地上波の生中継で全豪オープンテニスが楽しめる。

過去の優勝者

男子

2010年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2011年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2012年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2013年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2014年 スタニスラス・ワウリンカ(スイス)
2015年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2016年 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
2017年 ロジャー・フェデラー(スイス)
2018年 ロジャー・フェデラー(スイス)

女子

2010年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2011年 キム・クライシュテルス(ベルギー)
2012年 ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
2013年 ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
2014年 李娜(中国)
2015年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2016年 アンゲリク・ケルバー(ドイツ)
2017年 セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
2018年 キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)

最多優勝

男子シングルス

1968以後

6回

ロジャー・フェデラー (2004, 2006-2007, 2010, 2017-2018)

ノバク・ジョコビッチ(2008, 2011-2013, 2015-2016)

女子シングルス

1968以後

7回

セリーナ・ウィリアムズ(2003, 2005, 2007, 2009-2010, 2015,2017)

2020年の全豪オープンテニスでは、世界の強豪と日本人選手がどのような試合をみせてくれるのかこれから楽しみだ。